≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --時--分 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

Field for Tomorrow "A-womb"開催のお知らせ

未来文化の実験場~ジャンル越境祝祭
サウンドとアートの胎動


A-Womb(エイ・ウーム)


*Wombとは「子宮」……ある母性体をイメージしています。

表ol


広島のアートライフをサポートする
NPO「アートプラットホームG」、

そして広島のセンターエリアのさらなる活性化を目指す
NPO「セトラひろしま」が
この冬にタッグを組み贈る文化イベント。

広島の内外で活躍している音楽、映像、アートなど
さまざまなジャンルのアーティストが集まり、
ライブやDJブース、空間アートなど実験的な表現の祭典を行う。

「旧日銀が、とある生命体に変身!
その中でさまざまなようそがカラフルに輝きだす……。


告知チラシPDF→チラシ表面 チラシ裏面


【企画概要】

■日時:12月17日(土)、18日(日) 12:00~21:00
■会場:旧日本銀行広島支店

■趣旨:
音楽・映像・パフォーマンス・空間アートとジャンルを超えて気鋭のアーティストが集い、
次代地球文化の実験場として表現の祝祭(=【Co-Ex】)を、
多くの参加者と共に行うことで、広島から明日の文化スタイルを発信します。

■内容:
Field for Tomorrow:未来文化の実験場~ジャンル越境祝祭【Co-Ex】

《EVENT CONTENTS》*参加アーティストについては以下参照


☆LIVE EVENT

■『Live Field “Planet Celebration“』

場所:一階多目的スペース

【17日】
12:00~14:30  “FREE LIVE TIME”/“婆娑羅”公開リハーサル

15:00~16:00  “keta ra

16:30~17:30  “婆娑羅” with VJ by moto

18:00~19:00  “ORBIT” with VJ by moto

【18日】
12:00~13:30  “FREE LIVE TIME”*大谷和也

14:00~15:00  “婆娑羅

16:00~17:00  “mao-mak-mar” with VJ by moto

17:00~19:00  “EXPE EMERALD UNIT” with VJ by moto

■『Club Planet bank』

場所:地階 展示室2

【17日・18日】 
12:00~随時 DJ
19:00~   Final DJ:CHOCKEE


☆Theatrical Performance

■よこたよしき劇プロジェクト 劇団!'s 『DREAM of UNDERGROUND』

場所:地階展示室1

【18日】15:00~16:00

脚本・出演:よこたよしき 
出演:甲斐順平 伊勢村拓朗 石村暢子 
映像:moto 
音楽:flor del sol(k.yoshimatsu)

地下300mに住む地底人。
思念を交換できる不思議なチカラによって平和に暮らす4人だったが、
1人の地底人が地上に行く決心をみんなに伝える。

地底人が地上で見たものとは? 残された3人の運命は?

地上と地底を往き来する映像と生演奏と360°円形ステージが織りなす現代大衆演劇!?
笑いと涙と選択をあなたに・・・

*この作品はアート(よこたよしき)から音楽(obit)への返答とします。

☆Performance Action

■“ごきげんよう” “How Do You Do” by 掛田智子

場所:一階面会室
【17日・18日】12:00~21:00

聞く、聞かれる、音を作り出す、音を聞くということに焦点を当てて、
パフォーマンスアートで表現。

☆Art Action 

■“A-Birth” by ちから&掛田智子

場所:全館
【17日・18日】 12:00~21:00
 
オーディエンスは、一階ロビー部分でカプセルを受取り、
表記してあるインストラクション(指示)を読む。
そして地下の回廊を通り、カプセルを展示室3まで持ち運ぶ。

■『THE LIVES VIBES』

場所:1階多目的スペース&ロビー

立体物:よこたよしき 映像:寺本慎也

命の象徴である心臓。そして心臓には『ココロ』という別の名前がある。
1度死んだ建物にふたたび命を吹き込むこと。

それは創りだしては壊してきたぼくらの、未来への祈りだ。
もう一度・・・ 目を覚ましてくれ・・・ もう一度・・・ 
思いは届き、ココロを動かすことはできるのか?

映像と立体造形のコラボレーションアート

■『MONSTER FUTURE VISION』

場所:1階多目的スペース&ロビー

立体物:よこたよしき

旧日銀に怪獣現る!!!
「ニンゲンハヒビ、アタラシイモノツクル。クリカエシ・・・クリカエシ・・・」

繰り返される負のクリエーションによって突然変異で生まれた怪獣。 
のはずだったが、その正体は・・・   そして悲しき怪獣の願いとは? 

「THE LIVES VIBES」との連動アート

■『Picture Book・本絵』

場所:地階 展示室3

インスタレーション:ちから & 図形:高田徹

☆Projection Art

場所:建物外壁ファサード
【17日・18日】 19:00~20:30

映像:moto

建物外壁ファサードに映像を投射。


■入場無料
■主催:広島文化会議準備会・NPO法人セトラひろしま・NPO法人アートプラットフォームG
■企画・プロデュース:旧日銀花咲か会議(モン会議)
■協力:PROJECT NOW! ひろしまジン大学

■お問い合せ:
TEL 082-545-7611(NPO法人セトラひろしま)
E-mail info-npo★cetra.jp←★を@にご変換ください。※迷惑メール対策です


【連動企画】

■12月17日(土)

・ひろしまジン大学 「旧日銀EXsite講座 vol.3」


講義&ワークショップ

『ヒロシマ《明日の神話(岡本太郎)》から《明日の広場へ》』


■日時:12月17日(土) 13:00~16:00
■場所:三階会議室(Lecture)・地階OCR室(Workshop)

■講師:竹澤雄三(元広島市現代美術館副館長・広島文化会議準備会代表)
■内容:講演と岡本太郎「明日の神話」レプリカパズルを使ったワークショップ。

参加自由(募集人数:20名・要予約)
※授業参加はひろしまジン大学への登録(無料)が必要です

《問い合わせ・予約》 http://hirojin.univnet.jp/

※Ustream 中継



【アーティスト情報】

●EXPE EMERALD UNIT EXPE(g)/IEGUTI(key)/YUJI(tabla)

アンビエントスペースファンク"nutron"、
ピラミッドトリオ"EXP"、
沼澤尚との"EXPE SPACE FUNK"、
内田直之との"SPACE DUB FUNK"、
未来的室内楽2重奏"INVISIBLE DUO"など、

毎回異なったアプローチで進化するギターアーティスト"EXPE"による、
2011年プロジェクト"EMERALD"…

小松音響研究所が制作した真空管サウンドシステムを使用し、

暖かいアコースティック的な音量&音質で、
現代音楽的なアルゴリズムによる構築美、
フュージョン的な浮遊感と溶解、
ドローンの持続による覚醒感、

そしてポリリズム変拍子ファンクの追究をテーマとした実践ユニット。


●ORBIT
KIYO(drums+electro)+MASM(sax+electro)
DUO方式で描き出すASCENCION DANCE MUSICA!!

sound cloudhttp://m.soundcloud.com/orbit-lys
Youtubehttp://m.youtube.com/index?desktop_uri=%2F&gl=JP#/watch?v=HHF-tXMbR2A

●keta ra (ケタラ)
《オーガニックアンビエントダンスミュージック》

ガットギターとラップトップがシンクロしたサウンド!
10代の頃より、アンビエントへの追求をし
その頃より国内外多くのアーティストと共演をする。

近年より本格的にガッドギターでのソロ活動を展開。
緑を愛する自然派音楽家。

●和GAKU 「婆娑羅」(Basara)《和楽ユニット》
和楽器及び民族楽器の演奏家が参集し、
今回のプロジェクトのために結成されたユニット。

☆メンバー:
榊 記彌栄(Kimie Sakaki)《筝・十七絃》
自由なスタイルでライブ及びコンサート活動を国内外で精力的に行っている。
沢井箏曲院教授。

和GAKU「紗々TEN」(KOTO BAND)
NEW スタイルの演奏を目指している。

原田奈緒(Nao Harada)《フレームドラム・創作楽器「波紋音(はもん)」》
民族打楽器の演奏を追求し、舞踏、朗読とのコラボレーションなど多彩な活動を行っている。

三浦 元則(Motonori Miura) 《篳篥(ひちりき)》
東京芸術大学雅楽専攻卒。
東京楽所(とうきょうがくそ)をはじめ、
国内はもとより、欧州、南米、などでも演奏。現在広島を拠点に国内外で活動している。

●mao-mak-mar (エレクトリックカリンバ)

●大谷和也
ギター、ピアノ、パーカッションなどを演奏、
バント活動(ロック、パンク、ファンク、ノイズ)を行いつつ、
最近では、作曲、楽曲提供などをやっている。


●moto(B-LUCKS♪)
(VJ)
2003年より主にクラブを中心にVJ活動を開始。

数々の国内・海外のアーティストと共演を果たし、
東京WOMBでのイベントに出場するなど、広島に留まらない活動を行っている。

アートメディア総合グループ『B-LUCKS♪』で,映像・音響ディレクターとしても活動中。

●CHOCKEE(Liberal Music) 《DJ》
広島在住。97年よりDJ活動を開始。

テクノからハードコアまで多種多様な音の現場で熱い信頼を得、
最近では東京,名古屋,山口,岡山と徐々に活動の場を広げている。

GOOD MUSIC PARTY'Liberal Music'主宰。

2008年,チルアウトなMIX CD「Mistyc Joy」をリリース。
2010年,DJ YOSHINORIと共に,
WORLD MUSICにフォーカスしたMIX CD「BONCH MOUNTAIN」をリリース。
2011年秋、新作MIX CDをリリース予定。
http://chockee.blog17.fc2.com/

●よこたよしき(Art Action)
『光と影』という2つに割れてしまったインナーワールドを、モノクロの作品で表現。
絵画を中心に、空間アート、音楽作品をアウターワールドへ発表。
『すべての色を獲得する旅』との旗を掲げ、
インナーワールドとアウターワールドの公開通信を行っている。

●掛田 智子(Art Action)
広島市出身/在住アーティスト兼通訳者です。
油彩を中心に制作し、パフォーマンスアートもやっています。
制作する時間は自分と向き合う本当に贅沢な時間。
クレイジーな靴下集めとヨガが趣味です。
人の痛みを想像しようとする心が住み良い社会への大切なキーだと思います。

●ちから(Art Action)
広島県在住。
仲間と共に【絵本工房もくもくーmoku moku studio】というユニットを組んで絵本作りをしています。
絵と製本を担当していて、普段はマツダスタジアム近くのアトリエで制作中。
興味のある方
MOKUMOKU-studio.HPをご覧ください。
[ MOKUMOKU-studio ]
http://mokumoku-studio.info/

●カネユキ アキノブ(Art Action)
高知県出身。1976.10.10生まれ
大阪芸術大学中退後、点テン転とし現在広告デザイナーとして株式会社アームス所属。
クリエイティブ集団「ウラカタ」所属。
フリーランスとして「脳内ソルト」の顔もある
「Project NOW!」はアートディレクターとして参加。

●高田徹
(Art Action)
コンピュータで図形を描いています。
複雑な式から導き出された対称な図形は、雪の結晶のような美しさがあります。
サイン、コサイン、タカタトオルです。
スポンサーサイト

| 告知 | 15時02分 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

「明日の広場」概要

Field for Tomorrow 「明日の広場」


mainvisualhyoushi.jpg

*上の画像は提案趣旨パンフレットです。入手ご希望の方は、広島文化会議準備会まで


|提案……新たな市民文化創造の場 「明日の広場」

旧広島市民球場跡地の活用は、
明日の広島のまちづくりにとって百年の計にかかわる最重要の課題です。

また跡地は、平和記念公園に隣接し連動する場所であるため、
世界的な視野に立った展開ができるという魅力をもっています。

今こそ、跡地活用の理念や、発信力のあるコンテンツの構想など、
ソフト的ビジョンについての議論が、市民を主体として行われるべきです。

このような背景のなか、
私たちは旧市民球場跡地を起点とした新たな市民文化創造の場として、
「明日の広場」を提案するものです。

この提案が、広島の未来のまちづくりや未来文化ついて、
市民参加の議論のきっかけとなればと願っております。

2010年10月
広島文化会議準備会 代表 竹澤雄三

|『明日の広場』の理念

広島の地で、人々が感じ、理解しあって、今の営みをよりよいものに、
そして希望ある創造をめざし、世界への発信を行います。

―広島での新たな市民文化創造の場として―


asunohiroba-zusiki.jpg

|将来ビジョン
~交差する小さな物語と大きな物語~


【広島の賑わい創出の原動力】
〈芸術文化・スポーツ・食・コミュニケーション等、日常的に様々なイベントの展開〉
広島のエネルギッシュで魅力的なローカル文化の創造と発信のための拠点として、
強力な観光コンテンツをもった広島の賑わいを創出する原動力となります。

【地球の祭り場】
〈地球文化祭(あるいは「世界芸術祭」)の開催〉
4年に1回あるいは5年に1回、地球的な祝祭が開催されます。

それは国や地域、民族を超えて人々のエネルギーが未来へ向かって解き放たれる
人類の明日が不断に創造される場、地球の『祭り場』です。

|実現のために……
〈文化活性化のためのインフラ整備〉

「明日の広場」の実現には、
広島の文化を活性化するためのインフラ整備が不可欠です。
私たちは、以下の市民参加プラットホームを設置し活動を始めることを提案します。

1.情報文化活性化プラットホーム 
2.イベント促進プラットホーム 
3.文化交流促進プラットホーム 


Field for Tomorrow
We aim to create a new civic area for cultural creation which can lead to the world and establish a “cultural for tomorrow “by developing various vibrant and attractive activities.
We suggest that a public square, which is supposed to be built on the unused land of the ex-Hiroshima Municipal Baseball Stadium, could play a major role as a “Field for Tomorrow” and provide a hub for this activity.

The idea of the “Field for Tomorrow”
The idea of the “Field for Tomorrow” is to encourage people in Hiroshima to understand each other better, to help improve their current activities, to aim for positive creation and to help send their messages to the world.
~as a new civic area of cultural creation~

[ 3 projects for the “Field for Tomorrow”]

1. Forming a new civic area of cultural creation on the unused land of the ex-Hiroshima Municipal Baseball Stadium ~ the “Field for Tomorrow”

2. Holding a global cultural and art festival
*A global cultural event such as a “Global Art Festival” (a tentative name)

3. Promoting the Hiroshima cultural revitalization project to realize 1 and 2 above and related tourism


●『明日の広場』と『平和記念公園』との関係性
平和記念公園がいわば『追悼と祈りの場』であれば、
明日の広場は未来の地球へ向かって開かれた『生命』を謳歌する情熱的な祝祭の場です。

平和公園が静であれば、明日の広場は動。

平和公園が『平和』を記念する場であれば、明日の広場は『愛』を謳う場です。

こうして双方の力が合わさって広島市中央部一帯にダイナミックなエネルギーが生まれます。


■現在、プロジェクトを担う組織として「広島文化会議(仮称)」の設立が準備されています。


|『広島文化会議』
『広島文化会議』は、『明日の広場』を提案し実現を目指す市民の会です。

世界恒久平和と人類の未来を祈念する広島で、
市民による広範な活動によって、地球上の生命の多元的共存を実現すべき、
来るべき地球化社会の文化=「明日の文化」の創造と発信を目指した活動=『明日の広場』を推進し、
「地球化社会」のあるべき姿を探ります。

【広島文化会議が目指す『明日の広場』へ向けてのプロジェクト】

1.旧広島市民球場跡地を起点とした、新たな市民文化創造の場=『明日の広場』の形成
2.広島におけるグローバルな文化・芸術祭の開催
 地球文化祭(あるいは「世界芸術祭」)開催プロジェクト詳細

3.上記1及び2を実現させるための広島文化活性化プロジェクトの推進、及び、関連する観光の推進



また議論を深めるためシンポジウムの開催や「テストイベント」が計画されています。
そのため、広島文化会議準備会が活動し、準備をしています。



広島文化会議準備会は、
2008年春までの岡本太郎「明日の神話」広島誘致会の活動が発展したものです。

広島の新たな市民文化創造の場として
旧市民球場跡地周辺に「明日の広場」を提案する会を準備しています。

「新たな文化創造—明日を考える」といった動きは、
今日、日本各地にあります。

これらの動きは、かつて「わが町にも美術館を!」と
特に、自治体間で競争するような建設ラッシュがわき起こったようなことでもないし、

人を呼び込むための観光を目的としたまち興しをするということではありません。

重要なことは、まち独自の文化がいかにあるべきかを考えている人が
自分達の町にどれだけ、どのようにまたどこまで真剣に考え、
具現化しようかしているかでありましょう。

広島の場合、1945年8月6日に崩壊したまちの再建に64年をかけ、
今日の広島がありますが、一度、消滅したまちの文化は、
この半世紀以上の時間と努力を重ねても簡単に再生するものではありません。

広島には、うつくしいまちづくりを目標とするととともに
地球的視野で情報発信力をもつことが課せられていると思います。

この準備会は、広島の地で新たな市民文化を考える会として
広島文化会議をたちあげるための前哨行動です。

市民力が結集され、
世界の人々と共感しあえる市民文化活動へのパッションの場の誕生を目標に活動をしています。

2009年10月
広島文化会議準備会代表  竹澤雄三

●『広島文化会議準備会』のこれまでの活動

・平成21年4月
2006年7月から2008年4月まで2年にわたる
岡本太郎の壁画「明日の神話」の広島誘致を目指した市民活動、
岡本太郎「明日の神話」広島誘致会の活動実績を継承し発足、活動を始める。

・平成21年5月3日~5日 
ひろしまフラワーフェスティバル~「明日の広場」 展開
*連続シンポジウム・アート行動・アンケート等を実施。

・平成21年9月6日(日)
広島の明日の文化を考える~市民シンポジウム「明日の広場」 開催
会場:広島県立美術館地下講堂

・平成22年10月23日(土)・24日(日)
文化行動「Field of Tomorrow-Art Depot」
~明日のための模擬イベント「未来文化の集配場」実施
会場:アーバンBLD紙屋町 4Fスペース



■市民シンポジウム「明日の広場」090906論点の整理

■「明日の広場」雑感・コラム


広島文化会議準備会 
〒730-0035 
広島市中区本通1-6 ミタキヤビル4F 特定非営利活動法人セトラひろしま内

TEL:082-545-7611 FAX:082-545-7612 
お問い合わせはまでお願いします。













| 概要 | 15時31分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

Art Depot・レポート

10月23日・24日開催 Art Depotのレポート

一日目23日は、2部構成のプラネットフェスティバル、
Yoshimillionwonderのkiyoさんの呼びかけもあり、とてつもないメンバーが勢揃い!!
空前絶後のイベントになりました。

THE PLANET FESTIVAL BANDがまさに迫真のステージ!!
第1部は和楽器を交えた即興的な音詩。

榊氏の渾身の演奏と石丸氏のフルートのコラボ、そこから三浦氏の篳篥も登場、
三浦氏の演奏と和な衣装は、観客の目と耳を大いに楽しませたようです。

第2部は、奇跡のメンバーによる即興の360°音感空間が展開され、
ダンサーの李氏がそのただ中へ現れて踊るパフォーマンスをみせてくれました。

途中からは、第1部のメンバーも参加し、演奏のテンションは増すばかり。

VJ moto氏の作り出す映像も、始終ビルの空き空間という特異な空間を演出。

すべてが個性を発揮して珠玉の時間・究極の空間となったようです。

Art Depot2日間の様子を紹介します。

■参照:「画像ギャラリーアーカイブ(by 大前洋和氏)」

depoblog-1.jpg

<THE PLANET FESTIVAL>の映像は…
●「You Tube 」THE PLANET FESTIVAL - 1 by kokitomayo

●「You Tube 」THE PLANET FESTIVAL - 2 by kokitomayo

●「You Tube 」THE PLANET FESTIVAL - 3 by kokitomayo

二日目にも、多才な面々が揃いました。
まさに「極彩色異星表現市場」といった感じ。

YUICHI氏が白熱したライブペイントを繰り広げると、
つづくJAMa-zは独特の民俗楽器パフォーマンスを展開、
アサラトをはじめとした普段お目にかかれない楽器が登場しました。

続く井本氏は真剣かつ一途そのもののギター。

さらに見事なコラボレーションを見せた藤堂氏のライブペインティングと
松崎純一氏のサックス+マツザキメグミ氏のシタールは異世界を作り上げました。

最後は、美音異星人から中島由美子氏そしてゴトウイズミ+アコーディオンへと
それぞれの独特の世界が絡まりながら、流れるように進んでいく展開。

観客の目をひきつけ、おどろかせ、とろけさせる時間が過ぎました。

(報告:近藤倫生)

depotblog-2.jpg

【イベントデータ】

Field of Tomorrow  Art Depot
新たな市民文化創造の場 「明日の広場」
明日のための模擬イベント
交差する小さな物語と大きな物語~未来文化の集配場

■開催日:2010年10月23日(土)・24日(日)
■場所:アーバンBLD紙屋町 4Fスペース(広島市中区紙屋町2-3-20)本通り沿いサンモールななめ向かい
■趣旨:
旧広島市民球場跡地の活用は、
今後の広島の市民生活や文化形成、活力のある賑わいづくりなど、さまざまな課題において、
つまるところ、明日の広島のまちづくりにとって百年の計にかかわる最重要の課題です。

さらに跡地は、平和記念公園に隣接し連動する場所であるため、
世界的な視野をも取り入れた活用展開ができる潜在性と魅力をもっていると思われます。

にもかかわらず、現在、跡地活用のビジョンや理念が、
また上述の諸課題に対応する有効なコンテンツについての具体的な構想が
ポジティブに語られているでしょうか。

もとよりこれら跡地利用のソフト構想は、
その利用の主体である市民の参加が不可欠であり、

広島市の跡地活用案が議会で承認された今こそ、
市民レベルでの議論が喫緊の課題(アジェンダ)と思われます。

このような背景のなか、私たちは旧市民球場跡地に、
新たな市民文化創造の場としての「明日の広場」の形成を願うものです。

そしてこの度、将来の「明日の広場」の展開に向かって、
本アートアクションを模擬イベントとして行うことで、
跡地活用、さらに将来の広島の文化形成についての市民的な議論の一契機となればと願っております。 

■主催:NPO法人セトラひろしま  ■共催:広島文化会議準備会、
■後援:広島市中央部商店街振興組合連合会
■協力:グランドアメニティ・NPO法人アートプラットホームG・Ensemble Myth Hiroshima
■協賛:オリエンタルホテル広島・(株)Jellyfish.・山下江法律事務所
■企画:Art-depot planet team

《広島市文化財団広島市文化振興基金助成事業》
■お問い合せ:082-545-7611(NPO法人セトラひろしま)

《EVENT CONTENTS》
■10月23日(土) 9:00~21:00
●THE PLANET FESTIVAL 
・プレアクト『「明日の広場」とレビュー「世界の広場とフェスティバル」』
・「ジャンル越境的祝祭ライブセッション」アクト1-2

《参加アーティスト》
□THE PLANET FESTIVAL BAND=
○河村貴之(Trumpet,Flugelhorn)
○masm(tenor sax)
○渡辺祐平(bass)
○DJ SHIMOMURA(turn table)
○KETARA(guiter&space effects)
○石井聡至(drums)
○李英美(dancer)
○KIYOXY(drums)

□moto(VJ)

□三浦元則(雅楽演奏家)

□榊記彌栄(箏・十七絃)

□草川啓介(十七絃)

□石丸良道(フルート)

■10月24日(日) 14:30~20:00
●THE PLANET PERFORMANCE RING 
「投げ銭ドリームマッチ」 極彩色異星表現市場!
(ライブペインティング・民俗楽器・ギター・パンク・コンテンポラリーダンス・アングラアコーディオン)

《参加アーティスト》
□YUICHI(ライブペインティング)

□JAMa-z(民俗楽器パフォーマンス)

□井本裕介(ギター)

□藤堂信行(ライブペインティング)+松崎純一(サックス、その他)+マツザキメグミ(シタール+エフェクト)

□ハロータロー(パンク)

□美音異星人(コンテンポラリーダンス)+中島由美子(コンテンポラリーダンス)+
□ゴトウイズミ+アコーディオン(アコーディオン弾き語り)

| REPORT | 12時30分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

Field of Tomorrow-Art Depot

Field for Tomorrow  Art Depot
新たな市民文化創造の場
「明日の広場」

未来文化の集配場
ビルの空きスペースに仮設オープン


チラシブログ1


■開催日:2010年10月23日(土)・24日(日)
■場所:アーバンBLD紙屋町 4Fスペース

(広島市中区紙屋町2-3-20) 本通り沿いサンモールななめ向かい

会場は表現やコミュニケーションを楽しむひとつの「広場」となっています。
時間と空間をご自由にお楽しみください。


《EVENT CONTENTS》

10月23日(土) 18:30/OPEN 19:00/START~21:00

●THE PLANET FESTIVAL (要入場券)
~ジャンル越境的祝祭ライブセッション


19:00~19:10 
プレアクト『「明日の広場」とレビュー「世界の広場とフェスティバル」』 
・サウンドと画像、朗読によるプレゼンテーション *朗読:松田弘(広島文化会議準備会)

19:10~19:50
ライブセッション・アクト1 「Rebirth―再生」

19:50~20:10
Drink & Party time (カフェ・バー「私の恋人ヒロシマ」で、ご自由に歓談を‥)

20:10 ~21:00
ライブセッション・アクト2 「Celebration-祝祭」

*お席は自由です。折りたたみ椅子をお持ちになって、お好きなところにお座り下さい。
*入場券 ¥1,200円(1drink)
*入場券取り扱い:ライブ楽座/ギャラリーG/NPO法人セトラひろしま

《参加アーティスト》

□THE PLANET FESTIVAL BAND=
・河村貴之(Trumpet,Flugelhorn)
・masm(tenor sax)
・石河内愛(piano)
・渡辺祐平(bass)
・DJ SHIMOMURA(turn table)
・KETARA(guiter&space effects)
・石井聡至(drums)
・李英美(dancer)
・KIYOXY(drums)

□moto(VJ)

□三浦元則(雅楽演奏家)

□榊記彌栄(箏・十七絃)

□草川啓介(十七絃)

□石丸良道(フルート)


10月24日(日) 
14:00/OPEN 14:30/START~20:00

●THE PLANET PERFORMANCE RING (入場無料・投げ銭)
「投げ銭ドリームマッチ」

(ライブペインティング・民俗楽器・ギター・パンク・コンテンポラリーダンス・アングラアコーディオン)

《プログラム及び参加アーティスト》

14:45~15:00
YUICHI(ライブペインティング)
*投げ銭タイム#1

15:10~15:30
JAMa-z(民俗楽器パフォーマンス)
*投げ銭タイム#2

15:40~16:10
井本裕介(ギター)
*投げ銭タイム#3

16:15~16:25 
ボーナスステージ#1(YUICHI VS JAMa-z VS 井本裕介)

16:25~16:45
Drink & Party time (カフェ・バー「私の恋人ヒロシマ」で、ご自由に歓談を‥)

16:45~17:25
藤堂信行(ライブペインティング)
+松崎純一(サックス、その他)
+マツザキメグミ(シタール+エフェクト)
*投げ銭タイム#4

17:40~18:10
ハロータロー(パンク)
18:10~18:30 
*投げ銭タイム#5 & Drink & Party time(カフェ・バー「私の恋人ヒロシマ」で、ご自由に歓談を‥)

18:30~19:50
美音異星人(コンテンポラリーダンス)
+中島由美子(コンテンポラリーダンス
+「ゴトウイズミ+アコーディオン」(アコーディオン弾き語り)

19:50~20:00
ボーナスステージ#2(参加アーティスト全員)
*フィーナーレ・投げ銭タイム#5 

*事情によりライブ時間の変更もあります。
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥

両日 OPEN
・Café & bar “Hiroshima mon amour”カフェ・バー「私の恋人ヒロシマ」  
presented by BAR swallowtail
(生ビール・各種カクテル・ソフトドリンク・おつまみ)

*BAR swallowtail (本通店) -プロフィール
広島市中区本通4-1  広島国際ホテル向かい ℡ 082-577-327 不定休
open:11:30~  
close:~24:30
l/o:23:30 

lunch:11:30~17:00 
interval:Thursday 15:00~17:00

各種パーティー、新忘年会、大切な記念日など協力します。 No Charge & No Tax
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥

Field of Tomorrow Art Depot
明日のための模擬イベント~交差する小さな物語と大きな物語


私たちは、新たな市民文化創造の場-
「明日の広場」を広島の地に願うものです。

この度、模擬イベントとして本文化行動を行うことで、
広島の明日の文化について市民的議論の契機となればと願っております。


《参加アーティスト・プロフィール》

10月23日(土) 

●THE PLANET FESTIVAL~ジャンル越境的祝祭ライブセッション

□THE PLANET FESTIVAL BAND
*このフェスティバルのために特別に結成されたバンドユニット……
百万年に一度の惑星直列か、奇跡のメンバー揃う!!


《メンバー》
○河村貴之(Trumpet,Flugelhorn)
1973年、山口県岩国市生まれ。
10才よりトランペットを始める。

ブラスバンドを長年経験した後、
'95年頃より本格的にジャズに傾倒。

現在は広島市を拠点に主に西日本各地で演奏活動を日々展開。
その他、アーティストアルバムや
CM用音楽制作等のレコーディングにも多数参加。

2007年10月、
自身のオリジナルナンバーを集めたファーストアルバム「HARBOR WIND」をリリース。
様々な音楽・オーディオ系の雑誌でも記事掲載され注目を集めた。

更に2010年6月、バラード特集となるセカンドアルバム「Ballads」をリリースし、好評を博している。

○masm(tenor sax)
新進気鋭のsax奏者。
その端麗なルックスとは裏腹な男気のあるサウンドで攻めたてるプレイは圧巻。

YOSHIMILLION WONDER、のら犬、 他 ソロ演奏やモデルとしても活動している。

○石河内愛(piano)
六歳からクラシックピアノを習い始める。
全日本学生コンクール入選、
中国ユース音楽コンクール最優秀賞受賞。

2010年には広島交響楽団と競演。
同年広島、東京にてピアノリサイタルを開催。
他コンサート多数出演。

現在広島と東京を拠点に活動の場を広げている。

○渡辺祐平(bass)
「ボーダレス」を体現する類い稀なるベーシスト。

ロック、ポップスからジャズ、民族音楽まで
ありとあらゆる音楽を柔軟に行き交うスタイルは正に純粋な「音」そのものである。

欧州での活動経験も持つ。

現在は祈り部、EYESCREAM、石井杏奈のサポート 他多種多様な活動を展開している。

○DJ SHIMOMURA(turn table)
「円盤上の魔術」彼のスクラッチプレイを見た誰もが共感する事項である。
THE SPINSのメンバーとしても知られる天才ターンテーブリスト。

○KETARA(guiter&space effects)
music tool&effect pedal&lap topで作る自然派空間音楽家。
ambient musicの古き良き形、新たな形を日々摸索中.

○石井聡至(drums)
高校時代にドラムを始める。
関東や関西を転々とし、現在は広島を中心に活動中。

やわらかなサウンド、
音楽的かつ的確なドラミングで各方面から引っ張りだこのドラマーである。
又、ローランド音楽教室で後進の指導にもあたる。小山彰太氏等に師事。

○李英美<りーよんみ>(dancer)
LLEWAY代表。

幼少のころから朝鮮舞踊を学び、16才よりJAZZ DANCEに転向。
一度踊る事を辞めた時期があったが「踊らぬまま死ぬと後悔する。」と思い再び踊る道を選ぶ。

現在、西条、光町、安佐南で子どもにダンスを教え、ピラティスインストラクタとしても活動している。

○KIYOXY(drums)
若年の頃よりジャズクラブで演奏を始める。

その後、ジャズを基調としながらも、エレクトロミュージック、フリーミュージック、
日本の古典楽器とのコラボレーション等、様々な人、場所でジャンルレスな活動を展開。

現在はソロ、多種多様なコラボレーションを始め、
THE SPINS、Yoshimillion wonder等でのクラブミュージックバンドでも活動を続けている。

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥

□三浦元則(雅楽演奏家)
1982年生まれ。広島県呉市出身。
祖母、父の影響を受け幼少の頃より雅楽に親しむ。
東京芸術大学音楽学部邦楽科雅楽専攻卒。

篳篥(ひちりき)、歌謡(うた)を東儀雅季氏に師事。
東京楽所(とうきょうがくそ)をはじめ、
邦楽、復元楽器などとの共演やレコーディング、FM放送、サロンコンサートにも多数出演。

現在広島を拠点に活動している。

□榊記彌栄(箏・十七絃)
古典邦楽の中にとどまらず自由なスタイルで演奏活動を国内外で精力的に行っている。

最近は音楽・イベントプロデューサーとしても活躍しており、
世界の様々なアーティストとのコラボレーションを通じ
常に挑戦的な「音・空間」を追求している。

2007年10月、ロシアで開催された国際エスノ・フリージャズ音楽祭に招待され絶賛された。

2009年9月にはオーストリア、国連ウィーン本部などで演奏を行った。

沢井箏曲院教授、榊記彌栄OKOTO教室主宰

□草川啓介(十七絃)

□石丸良道(フルート)
九州芸術工科大学(現・九州大学芸術工学部)音響設計学科中退後、
スペインに数年間滞在し独学で絵を描き始める。

帰国後は美術活動の他、イベントのプロデュースやまちづくり活動等、
多彩でマルチな活動を展開する一方、
フルートや南米アンデス地方の笛・ケーナの演奏でも活躍している。

□moto〈oRgSys〉(VJ)
2003年より主にクラブを中心にVJ活動を開始。

VJとしてこれまで,DJ KRUSH,DJ BAKU,DEX PISTOLS,Photek等,
国内・海外のアーティストと共演。

広島アンダーグラウンドインディぺンデントレーベル『oRgSys RECORDS』に所属。

アートメディア総合グループ『B-LUCKS♪』で,映像・音響ディレクターとしても活動中。

                                              
10月24日(日) 
THE PLANET PERFORMANCE RING~投げ銭ドリームマッチ


□YUICHI(ライブペインティング)
広島市出身。
アートパフォーマンス集団Blue lab.代表。

広島県内を中心に
展示や、各種イベントでのライブペイント、壁画制作、ボディペイントを行っている。

2010年からBlue lab.KIDSを立ち上げ、
ショッピングモール等で子ども達が自由に表現できる場を提供している。

□JAMa-z(民俗楽器パフォーマンス)
ギターのメロディーに世界中の民族楽器の音を合わせたオリジナルの楽曲に、
アサラトのショーなど、見て聞いて楽しい民俗楽器パフォーマンス・バンド。

広島を中心に幅広く活動中。

□井本裕介(ギター)
ミニマル系のループ演奏やってきましたが
いい加減飽きてきたなぁと思いながらも、
とりあえずそれやっていることに嫌気がさしつつもいいじゃないか。
「いいんだよ」って夜回り先生に言われたいギターリストです。

□藤堂信行(ライブペインティング)
1992年専門学校広島芸術学園研究科卒業。
1995年ライブアートグループFactoryを結成しライブペインティングを始める。

1997年アートユニットS.F.i.i.を結成しインスタレーションを始める。

2002年旧日銀跡で行われたアートイベント、「同時触発アートYen2002」に参加。

2006年より表現ユニット・単独旅行舎に参加し、
ライブペインティングなどを行い、現在も活動中。

2007年Gallery G にて、S.F.i.i.個展「no9」展(インスタレーション)開催。

□松崎純一〈a.k.a. マツザッキン j〉
(サックス、自作ジャンク”サイバーギター”、エレクトロニクス、その他)
即興演奏家。広島に生まれ。
18歳の時、オリジナルのちゃぶ台ジャンクギター、”サイバーギター”を作成し演奏。
主に広島、関西地方で活動。

フェスティバルビヨンドイノセンス等、様々なフェスティバルにも参加する。

また、劇団、テント芝居、無声映画、彫刻等、様々な分野とのコラボレーションも多い。

1997年、広島市西区でフリースペース”Space Nami"を立ち上げ、国内外問わず即興音楽家を広島に紹介する。2002年、NYに渡り、ソロ活動およびバンド "Joyful Sonic Wash"を結成。
イーストビレッジの公園で夏の間、自由参加の即興演奏を主催。
8月6日、原爆の日に野外イベント "Breath on Grass"を行う。

2010年4月に広島に戻る。http://www.joyfulsonicwash.com

□マツザキメグミ(シタール+エフェクト)
広島に生まれ。
美術学校を卒業後、1991-1996 グループ ”Barium” で作品をコンスタントに発表する。

大阪のノイズ音楽シーンと独特の文化に惹かれ、大阪に移住。5年間を過ごす。

1999-2001 グループ ”SFii" で、
ライブペインティング、音と視覚のインスタレーション等、広島で発表。

その一方、シタールの音色に惹かれ、
2001年、Pandit Manilal Nag師に習いにインドへ渡る。

2002年、パートナーである松崎純一とNYに渡り、
バンド "Joyful Sonic Wash"を結成。

ソロ活動、コンテンポラリーダンスの Claire Elizabeth Barrattや
詩の朗読とのコラボレーション等、演奏活動をする。

2010年4月に広島に戻る。

http://www.myspace.com/megumim
  
http://www.youtube.com/joyfulsonicwash

□ハロータロー(パンク)
2002年リーダーのゆうちゃんを中心として結成。
2010年からさらにバンド活動をヒートアップ。

バンドが一番大切にしていること
「ジャンルにこだわらず、とにかく好きな音楽を演奏する‥そして歌う‥ムラムラと音に欲情したい。」

編成を変えつつ、ムラムラ音楽を、ただいま模索、追求中であります。
合い言葉は「もじもじしてる・」。

2010年にはZAMPANO CAFEで大好評のライブを行い、
同年10月にはスタジオダックでライブを行う。

*メンバー:
ボーカル:ゆうちゃん(リーダー)、
キーボード:びっちゃん、
ギター:にしおか

□美音異星人(コンテンポラリーダンス&パフォーマンス)
98年美術家豊島びおん(本名:豊島隆弘)が
第1回岡本太郎記念現代芸術大賞展で「音感」を発表。
この作品がきっかけで美音異星人を結成。

全身バネだらけのアーティスト養成ギプスを装着し、
自作の美音マシンを使った身体表現を始める。

05年「JCDN踊りに行くぜ!!vol.6」に出演、
07年には血みどろの巨大マシンとサイボーグ化する「血みどろ身体性」を発表。

09年~10年「JCDN踊りに行くぜ!!vol.10」にも出演。

その他、グラフィック、音楽、映像作品など挑発的に作品発表を行っている。

http://www.geocities.jp/bion_esper/

□中島由美子(コンテンポラリーダンス)
広島出身。2003年ダンスを知って以来、零細に一人で活動。
処女作で「JCDN踊りに行くぜ!!vol.5」に出演するが、
ずっと一人も寂しいので、「桑野由起子+中島由美子」を結成。
STスポットの「ラボ20」に出演。

大勢も楽しそうなので「ダンスユニットちくは」に参加。

最近はライブハウスで投げ銭ダンスや音楽の人達とのパフォーマンスも行い、
更に交流の場を広げつつ、近い将来「中島由美子におこずかいをあげよう会」(ソロ公演)を計画中。

□ゴトウイズミ+アコーディオン(アコーディオン弾き語り)
ヤマガタ出身。哀愁漂うオリジナルの昭和なアコーディオン弾き語り。
福岡や沖縄で数々のバンドやユニットを経た後に広島に転入し、
見世物小屋的バンド「ねこ虫」を始め作詞作曲を担当。

2004年から独りでアコーディオンの弾き語りを始める。

2008年ヲルガン座を立ち上げる。
2009年2月アルバム二枚を同時にリリース。
ロレッタセコハンの出利葉氏や豊嶋氏など豪華なメンバーが参加。その後全国ツアー。

2009年夏ドイツツアー。
映画音楽やCMの声出演、舞台音楽など幅を広げ、
各地でアンダーグラウンドな活動を行っている。

弾き語りなのに舞台を思わせる物語性のあるステージが特徴的。
歌っていない日はヲルガン座勤務。

http://www.organ-za.com/

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥

●音響・照明:脊戸和広(ACOUSTIC LAB.)
●空間アート:Hiroshima planet art dream team

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
【会場】 
アーバンBLD紙屋町4階/
本通り沿いサンモールななめ向かい/広島市中区紙屋町2-3-20

アーバン紙屋町ブログ

●会場アクセス
【広島電鉄(路面電車)】「紙屋町東駅」「紙屋町西駅」より徒歩約5分、徒歩約3分、
【アストラムライン】「アストラムライン本通駅」より徒歩約3分

■主催:NPO法人セトラひろしま  ■共催:広島文化会議準備会、
■後援:広島市中央部商店街振興組合連合会
■協力:グランドアメニティ・NPO法人アートプラットホームG・Ensemble Myth Hiroshima
■協賛:オリエンタルホテル広島・(株)Jellyfish.・山下江法律事務所
■企画:Art-depot planet team

《広島市文化財団広島市文化振興基金助成事業》

■お問い合せ:082-545-7611(NPO法人セトラひろしま)

| 告知 | 16時16分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

お問い合わせ

広島文化会議準備会 

〒730-0035 
広島市中区本通1-6 ミタキヤビル4F 特定非営利活動法人セトラひろしま内

TEL:082-545-7611 FAX:082-545-7612 

お問い合わせは
info-npo★cetra.jp←★を@にご変換ください。
までお願いします。

| お問い合わせ | 20時50分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。